顔汗にミョウバン水をためしてみたこと

私は昔から顔汗をそこそこかく方でした。家族にも顔汗が尋常じゃない人がいるので恐らく遺伝だと思いますが普段話しているときにはそんなでもないのですが、しばらく運動してから止まった時にダラダラ滝の様に流れてきます。

例えば、夏の暑い日に駅までの道のりを小走りに走ってしまおうものなら駅についた時からしばらく汗がダラダラ、友達とちょっとスポーツしたら誰も汗かいていないのに私だけメークが落ちるほどの汗がダラダラ結構恥ずかしいです。

周りの人に顔汗が酷い事を言うと必ずうらやましがられます。大体新陳代謝が良いからうらやましいと言われます。新陳代謝が悪いと言う人たちは全然汗をかかず涼しい顔で過ごしています。
私も顔汗はかくものの新陳代謝が良いとは言えません。なぜなら痩せないからです。

恐らく優しさでそんなことを言ってくれていると思うのでそこは素直に御礼をいっておきます。
さて、顔の汗を何とかしようと夏になると私の研究が始まります。
でも、顔はかなりデリケートな皮膚なはずなのであまり思い切った事は出来ません。

脇などに利用する制汗スプレーなどかけたらかぶれそうです。そこで色々調べた私は、ミョウバン水というものをネットの情報を見て自作しました。
焼きミョウバンを水に溶かしたものなのですが制汗作用があるようなのです。しかも、食品にも使われるものなのでさほど悪影響はないはずです。

早速、ミョウバン水を顔に化粧水の様につけてみました。次の日、期待しながら自宅でダイエットDVDを踊ってみました。これを踊ると必ず顔汗が湧き出るからです。残念ながら、ダメでした。いつも通りの顔汗でした。しかし、まだ一日目ミョウバン水を5日間試してみました。

少しだけ毛穴がキュッとする感じがします。ちょっと皮膚がかゆくなってきました。でも汗は少し抑えられている模様です。私は、皮膚はとても強いのでもし皮膚の弱い方がつけるとかぶれる可能性がありますので注意してください。

今年も夏になったらいよいよ対策をしなくてはいけないのですがファンデーションで顔汗を抑えるものがあると聞いたのでまた検索の日々が始まります。

追記:上記はサラフェという商品の事らしいです。顔汗を止める制汗グッズとして滅茶苦茶人気のようですよ。詳細は下記URLからご覧になれます!

http://xn--ebkua6591bsze88azv057u.biz/

Posted under 汗対策を学ぶ

手汗の原因とか汗対策に有益なツボ

手汗の原因ですが、体が汗をかく機能を制御しているのは自律神経の交感神経です。
交感神経は、運動時に体が興奮した状態になった血圧や血管、心肺機能などを制御する神経で、汗をかく機能もその1つです。
汗をかく環境ではないのに汗をかいてしまうのは、この交感神経が乱れている、もしくは過剰に反応してしまっているのが原因です。
所謂、自律神経の乱れが原因となります。
自律神経の乱れは、ストレスが原因の1つであり、緊張状態などは自律神経にストレスを与えている状態になり、結果自律神経が乱れ、汗をかきやすくなります。
ですので、自律神経の乱れを治すには、精神を安定させるツボを押すことがとても有効です。

まず、手汗を抑えるツボは、手にあります。
手のひら側に1つ、手の甲側に1つ。

手のひら側にあるのは労宮(ろうきゅう)といって、手を握った状態の時に中指の指先が当たっている場所がツボになります。
ちょうど手のひらの中心部分のあたりです。
このツボは精神を安定させると言われているツボで、汗を止めるのにも使えるツボだと言われているます。

手の甲側にあるのは合谷(ごうこく)といって人差し指と親指の骨の付け根間にあります。
ちょっと分かりにくい場合は、このツボを押してみてください。
ツボを押した時に痛みがあれば、正しく合谷のツボを押せています。
痛みがない場合は、ツボを押す位置がずれていますので、正しい位置を探してください。

これらのツボの押し方は、
1,親指でぎゅーっと押してください。
2,ツボは左右両方共の手にありますので、左右の手を交互に押してください。
3,時間は数秒から数十秒、あまり時間には拘らずゆっくり押してツボを刺激してください。
以上の動作を数回繰り返せば終了です。

Posted under 汗対策を学ぶ

手汗ってホントにツライ!

手汗って命に関わる訳じゃないけど、大変ですよねぇ・・。

手汗が辛い

思えば小さい頃から手汗が酷かった気がします。学生時代のテストの時なんて、後半になると、テスト用紙がぐしゃぐしゃだし、文字も汗でにじむし、にじんでとれたのが手につくのが嫌でした。それにこんな事がありました。友人に机の上のプリントを取ってと言われて取った時に、プリントを濡らしてはいけないと思い、親指と人差し指だけで持って渡したら、「なんで汚いものを持つような感じなの?」と言われて、嫌な思いをさせてしまったなと思って落ち込みました。

あまりにも手汗が酷いので手掌多汗症(手のひらの多汗症)専門の病院に行って、ETS(交感神経遮断手術)という手術をして、そのおかげで左の手のひらは前よりはだいぶ汗が出なくなったのですけど、右の手のひらは前と変わらず汗がドバドバ出ます・・。

普通はその手術をしたら手汗はピタッと止まるみたい(こちらの手汗を止める制汗グッズランキングというサイト参照)なのですけど、私は右の手のひらに関しては変わらなかったです。今している仕事がデスクワークで、仕事のチェックを他の人にしてもらう時があるのですけど、ハンドタオルでこまめに手のひらを拭いているにも関わらず、拭いたそばから汗が大量に出てしまって、マウスが濡れているのでいつも申し訳ない気持ちになっています。

汗が出る原因としては、辛い食べ物を食べた時に汗が出る味覚性発汗、気温が高い時に汗が出る温熱性発汗、ストレスを感じた時に汗が出る精神性発汗があって、それらは交感神経が活発になることによって汗が出るらしいです。私は貧乏なので夏場にキンキンに部屋を冷やす事は出来無いですし、ストレスなんて簡単になくせるものでもないので、私が出来る手汗の予防法としては、辛い物を食べないようにするしかないかなと思っています。

Posted under 汗対策を学ぶ

脇汗が多い人は服の色に気をつけて

服の色

私はもともと代謝がよく汗をよくかきます。夏だけでなく、冬も少し厚着をしただけで汗をかいてしまいぐらいです。

そんな私が汗で一番困っているのは「脇汗」です。

特に、灰色の服を着たときに、脇の部分だけが汗によって濃い灰色になってしまい、「脇汗をたくさんかいている」とばれるのがとても恥ずかしいです。灰色以外にも、「薄い水色」や「ピンク」のブラウスなど、汗で色が変わってしまう服は着ることができません。

脇だけでなく、リュックや子どもの抱っこ紐も、紐の部分が汗によって色が変わってしまうのでとても恥ずかしいです。

3つの脇汗対策

そんな私が行っている脇汗対策は以下の3つです。

■汗で変色しない色の服を選ぶ

他人に服の変色を見られると、余計に汗をかいてしまいますよね。そのため、汗をかいても色が変色しない服を着る事が大切です。

白や黒、もともと濃い色の赤と青などの服であれば、汗をかいたとしても濡れて服が変色することは有りません。

■脇の通気性が良い服を選ぶ

キャミソール

そして、脇の部分の「通気性のよい服」を選ぶ事も大切です。タンクトップやキャミソールなどの風通しの良い服ならば、脇汗もかきにくくなります。

また、脇汗で服が変色してしまう事も起きません。

■塗るタイプの制汗剤

汗対策と言えば、やはり制汗剤です。私が使用している制汗剤は「クリームスティックタイプのデオナチュレ」と「エイトフォーのロールオンタイプ」です。

スプレータイプよりも直接塗るので効果が高いのではないかと考え、この二種類を使っています。エイトフォーの匂いはせっけんの香りの物を選んでいます(特に理由は有りません)。

以前、テレビで見たことがあるのですが、最近の制汗剤は汗腺を防いで汗の量も抑えてくれるそうです。制汗剤を塗った穴の開いたシートがどれだけ水を通すかという実験をしていましたが、容器をさかさまにしてもほとんど穴から水が出ることはありませんでした。

脇汗に悩んでいる人は、既にこれらの脇汗対策を行っているかもしれません。まだ対策として行った事が無い人は、是非試してみてください。

Posted under 汗対策を学ぶ

汗じみ対策と制汗剤

汗

更年期のせいで「」が異常に出ます。経験のある方はわかると思うのですが、冷房が効いていても、汗が急に出るので、周囲に気づかれないようにしたくても出来ません。病院の診察台で紙のシートがひいてあり、そこに横になったときにも汗が止まらずシートに人型ができて気まずい経験をしたことがあります。

汗ジミ対策

脇の汗の対処は、肌に直接貼り付けるタイプの汗ジミ予防をしていて、これは効果があり外出時間が長くなりそうな日は貼り付けています。皮膚は弱くはないのですが、毎日貼りつけるのはかぶれなどが心配されますから、毎日貼る事は避けるようにしています。

けれど、対策のとれない場所などの汗に現在も困っています。太ももの汗は服の表面に汗がにじむのではないかと心配で、夏でも厚地の生地を選んで穿いています。背中の汗は下着を早く乾くタイプのものを着るようにしているのでなんとかなってはいますが、夏の炎天下では汗の量が多いので乾くときがないくらいです。

夏の間は何度も着替えをしたり、自宅にいるときにはシャワーを利用してすごします。外出が嫌になるばかりですが、家の中にこもっているわけにもいかないので短時間だけの外出にして、お友達とのランチもなかなか楽しめないこのごろです。

制汗剤の効果は人によって違う

制汗クリーム

塗るタイプの汗止めがあるというので試して診ましたが、今のところ二つの塗るタイプの汗止めはあまり効果がなく、やはり汗をとめるまでには至っていません。

もっと効果があり、使いやすく毎日の使用にも肌の負担が少ない製品があるといいのですが、この先もいろいろと試していくしかありません。制汗剤の効果は個人差が有ると思うので、口こみに頼らず自分で試していかないといけないのは経済的にも負担ですが、いつか汗が止まる日がくるならば人生が変わると信じています。

男性のように汗を気にしなくてもいいのがうらやましいですが、女性に生まれた以上この先も汗対策は続けていかなくてはいけません。年を取っても汗対策も身だしなみのひとつだと思うの頑張りたいと思います。

Posted under 汗対策を学ぶ

汗の苦い思い出と制汗剤の効率的な使い方

汗の苦い思い出

電車

以前、朝の通勤電車に間に合いそうになく、駅まで走って行った時の事です。電車には間に合ったのですが、満員だった為につり革を掴んでみたら、シャツに脇汗がにじみ出ていて、本当に恥ずかしかったことがあります。

その時は、恥ずかしさのあまり慌てて電車を降り、各駅停車に乗り換え、ゆっくり座って通勤しました。その結果、遅刻してしまったという苦い思い出があります。

私の汗対策

それ以来、季節問わず、服を一枚重ねて着るようになりました。夏でも、半そでの上にもう一枚薄手のシャツやカーディガンを着たりして、汗染みを防いでいます。一度、シャツに染みてしまったら、制汗スプレーを使っているせいか、生地にもスプレー染みのような物が残ってしまい後処理も大変です。

あとは、朝はなるべく体を拭くようにしています。寝苦しい夜が続き、エアコンや扇風機を使ってはいても、寝汗をかいていることも多いものです。

そこで、サッとでも良いので、きれいなタオルで、汗をかいている脇や首を拭きます。洗面所で顔を洗うついでに水で流しても良いですね。乾いた汗はどうしても、臭うものです。出掛ける前のエチケットを忘れないようにしましょう。時間が有るならシャワーで汗を流しましょう。

制汗剤の効率的な使い方

制汗クリーム

もう一つ汗対策を挙げるなら「制汗剤」です。お薦めはクリームタイプのものです。スプレーですと、粉残りがあったり、洋服を傷めたり、香水のように香りがきつく、後で臭い交じりのような現象になってしまいます。クリームタイプの制汗剤で、ムラ無く、脇全体に塗りましょう。

注意したいのは、ベタベタ塗るのではなく、さっと覆うように塗る状態で大丈夫だということ。何回も擦るように塗り付けないことが大事です。

自分のにおいはなかなか自分でも、気づかないものです。汗対策のにおいが返って、きつくなり過ぎてしまうこともよくあるもの。自分だけでなく、他人にも不快な思いをさせないよう、出掛ける前にはマナーを守っていつも清潔であるように心掛けましょう。

Posted under 汗対策を学ぶ

自分の汗の多さをなんとかしたい~まずは私の体験談を紹介

私は昔から汗っかきで、汗のかき方が一般の人よりすごいのが悩みです。つい最近は、バスに乗って移動した時に恥ずかしい経験をしました。バスが見えたとき少し離れた場所にいて間に合うかな、という状態だったのでほんの少し小走りしてバス停へ向かいました。

バス
(さらに…)

Posted under 汗対策を学ぶ