手汗ってホントにツライ!

手汗って命に関わる訳じゃないけど、大変ですよねぇ・・。

手汗が辛い

思えば小さい頃から手汗が酷かった気がします。学生時代のテストの時なんて、後半になると、テスト用紙がぐしゃぐしゃだし、文字も汗でにじむし、にじんでとれたのが手につくのが嫌でした。それにこんな事がありました。友人に机の上のプリントを取ってと言われて取った時に、プリントを濡らしてはいけないと思い、親指と人差し指だけで持って渡したら、「なんで汚いものを持つような感じなの?」と言われて、嫌な思いをさせてしまったなと思って落ち込みました。

あまりにも手汗が酷いので手掌多汗症(手のひらの多汗症)専門の病院に行って、ETS(交感神経遮断手術)という手術をして、そのおかげで左の手のひらは前よりはだいぶ汗が出なくなったのですけど、右の手のひらは前と変わらず汗がドバドバ出ます・・。

普通はその手術をしたら手汗はピタッと止まるみたい(こちらの手汗を止める制汗グッズランキングというサイト参照)なのですけど、私は右の手のひらに関しては変わらなかったです。今している仕事がデスクワークで、仕事のチェックを他の人にしてもらう時があるのですけど、ハンドタオルでこまめに手のひらを拭いているにも関わらず、拭いたそばから汗が大量に出てしまって、マウスが濡れているのでいつも申し訳ない気持ちになっています。

汗が出る原因としては、辛い食べ物を食べた時に汗が出る味覚性発汗、気温が高い時に汗が出る温熱性発汗、ストレスを感じた時に汗が出る精神性発汗があって、それらは交感神経が活発になることによって汗が出るらしいです。私は貧乏なので夏場にキンキンに部屋を冷やす事は出来無いですし、ストレスなんて簡単になくせるものでもないので、私が出来る手汗の予防法としては、辛い物を食べないようにするしかないかなと思っています。

Posted under 汗対策を学ぶ